節約命の嫁に対し、健全な精神を元に勝敗を度外視した闘いを挑み、華麗に敗れ去っていくサマを記録した内容ゆるゆるのプログである。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怨61:やっぱ変わらず
2006年12月29日 (金) | 編集 |
年末年始は関西に帰る我が家である。
そして嫁は、”早目に帰省して骨休みがしたいし安売りチケットの有効期限もあるし”とさっさと子供を連れて帰ってしまったのであった。
なお、去年は同様な理由でクリスマス以前に帰省し、子供との初クリスマスを奪い去った前科もある次第であった。

帰ること事態は全然かまわんし、つかの間の独身生活を楽しめることにはなる。が、家に帰り、テーブルの上を見た瞬間、私はそこはかとない脱力感と眩暈を感じたのであった。

机の上には生活費と書置きがあった。
生活費は3000円である。4日間分なので、1日辺り750円である。
3食吉牛でも足らないのである。もちろん、冷蔵庫は綺麗に空っぽであり、材料すらない状況である。

そして、書置きには次の通り。
お金の無駄遣いはしないように
忘年会代は立て替えといて
・ちゃんとETC深夜割引を使って帰ってくるように

1日750円では無駄遣いのしようがないのであった。
忘年会代を立て替えても、おとなしく返す女ではないのであった。
そして、深夜に長距離運転をして交通費を節約せいとのお達しもあるのであった。

正に、今年の最後の日記を飾るネタに相応しい事態であった。

私は、その生活費で、DVDをレンタルすることを決意したのであった。
ジャンルは超極秘事項である。

皆様、そういうことで、今夜帰らせていただきます。
よいお年を

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
最後にいろんなお得情報を





[READ MORE...]
スポンサーサイト
怨60:限りなく灰色に近い疑惑
2006年12月23日 (土) | 編集 |
ノロウィルスにもやられ、嫁とも死闘を繰り広げ、会社の仕事も多忙 と今週はボロボロな私であった。

おまけに、ものもらいまで発生してしまった私であった。早速目薬を購入した次第である。

この目薬が、私を更に恐怖のどん底へと引きずり込む事態を引き起こしたのであった。

今朝、寝ぼけ眼で枕元の目薬を探していた私であった。
超近眼の視界において、それらしき物体を引っつかみ、いつものように点眼したその瞬間、私の脳は急激に覚醒したのであった。

角膜にトムヤンクンを上回る超刺激感を覚え、それは瞬時に激痛と変化したのであった。

ふぉぉぉぉぉぉぉ!! $○#♪△×!!!!!”

私は、変態仮面のような雄たけびを上げ、洗面所に突進したのであった。
とにもかくにも、ひたすら眼球を洗浄することを本能のまま実行したのであった。

そして、20分後、うさぎちゃんの如き眼になりつつも、ようやく痛みが引いた状態で、原因究明を開始した私。目薬らしきものを再確認した私は、即座にその原因を理解した。

点眼した液体は、目薬ではなかったのではなく、”ピロエースW液
であった。普段、足指の間に用いる医薬品である。
人類500万年の歴史の中で、決して根治することがない病気用のお薬である。

この”ピロエースW液”と目薬が、なぜか今朝だけは私の枕もとに2つ並べて置かれていたのであった。子供がいじっていたため、と言われることであろうが、それでもなんらかの人為的な策略を感じずにはいられない私であった・・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
子供への投資







[READ MORE...]
怨59:許せない
2006年12月20日 (水) | 編集 |
朝からうだうだ嫁から小言を食らい、会社から帰ってきたあともそれは続いたのであった。

会社でストレスを溜め、家に帰ってきてからも安らぎがなかった私である。

小言の内容。
・土日はずっと家に居て、育児をすべき。サッカーは行くな
・今週土曜日、都内に飲みにいくなんて言語道断。そもそも最近飲み会が多すぎる。(注:それでも2週間に1度のペースである)

世の奥様方はうなずくかもしれないが、私に言わせれば、”上を見ればキリがない要望”としかいいようがないのである。
私も人間である。週末はサッカーで汗を流す。半日ぐらい時間をくれてもいいではないか。しかも、金はかからないし
年末ぐらい、多少飲み会で遠出するのもありなのではないか。

と思いつつ、嫁の話を聞き流していたが、ある一言で私は思わず逆上してしまったのであった。

”だいたい、どこも連れていかないし・・・”

私は思わず大声を出した。
”お前、みかん狩りも連れて行ったし、パルシステムイベントも行ったよな!
夏には八景島も行ったし、先日は箱根旅行もしたよな!!”

それに対する嫁の答えは、私の怒りを臨界点に達しさせたのであった。
”その連れて行ったという言葉がむかつくねん。
家族サービスってのは当然やろ? 
ははぁん。サッカーやりたいがために、代わりに遊びに連れてってごまかそうとしてるねんな”

元来私は穏やかな生き物ではあるが、これには全身の血が逆流した。
次の瞬間、嫁の眼の前で、パルシステムが弾けとび、破片が舞ったのであった。正に”巨人の星”状態である。
さすがの嫁も、青ざめてしまったのであった。

偉そうに言うつもりは無いが、これでも家族のためを思って尽くしてきた私である。悔しくて涙まで出た次第である。

今回はハンパ無く格闘日記である。オチも思い浮かばない状況であった。
取りあえずは、皆様にご報告である。
禁断の緑紙を叩きつけるかどうかは、子供の寝顔を見ながら考えたいと思う次第であった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
一人暮らしは公共賃貸か




そして証券で儲ける!


[READ MORE...]
怨58:タイムマシンにお願い
2006年12月16日 (土) | 編集 |
この時期になると、心が痛む私であった。

もしも願いが1つだけ叶うならば、5年前に戻り、当時の俺を説得するであろう。

もしもドラえもんがいるならば、タイムマシンを出してもらって5年前に戻り、当時の俺を拉致するであろう。

5年前の今ごろ、私はグアムにいたのであった。
我が家族と嫁の家族の視線を浴び、外人神父に説教されていたのであった。

そう、12/1×は結婚記念日である。

私が奴隷と化した日でもあった。

結婚前は、私においしい料理を作ろうとフランス料理教室に通っていた嫁であったが、食べさせていただいたのは結婚前の1回きりであった。
今の飯は生協の宅配パルシステムか、凄惨極まりない粗品である。→クイック 一例

結婚前は、一人暮らしの私が風邪を引いたならば、下宿にまで来て看病してくれた嫁であったが、今やノロウイルス感染の危険があると判断され、隔離されている始末である。

だけど、これが世の現実なのであろう。
結婚すれば女は変わってしまうもんなのである。
旦那に人生を委ねつつも旦那から絞れるだけ搾り取り、定年とならば熟年離婚を通告し、持ち家と退職金を奪い去っていくのであろう。

こうならないためには、今からアフィリエイトでせっせと溜め込まねばと決心しつつ、別室に隔離された夜であった・・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
異次元モンに頼ってみますか
 



[READ MORE...]
嵐を呼ぶ男
2006年12月10日 (日) | 編集 |
忘年会の帰り道の出来事。
残念ながら、私は嵐を呼ぶ男であることを改めて実感してしまった。
人は私の生き様を見て、時には爆笑し、時には涙せずにはいられないであろう

2次会後飛び乗った最終モノレールは、超満員状態であった。
そして、私はかなりのアルコールを消費し、酩酊状態であった。

突如、私の眼の前でいざこざが起こったのであった。
おとなしそうなおっちゃんに対し、私と同年代っぽい兄ちゃんが絡みだしたのであった。

”お前~ ええかげんにせえよ”とメンチを切る兄ちゃん。
おびえて眼を合わさないおっちゃん。
両方ともサラリーマンぽい感じであり、兄ちゃんも酔っ払っている模様であった。
理由はわからない。今はやりのいじめ、はたまたストレス発散のはけ口であろうか。

普段の私ならば、見て見ぬフリを決めてしまっていたであろう。正義の味方 タケチャンマンの如く、”強きを助け、弱きを憎んだ”であろう。
但し、その晩の私は、酔っ払った影響で、気がでっかくなっていたのであった。
正義の味方に変身である。気分はウルトラマン果てはアンパンマンである。

2人の間に割り込んで、止めに入ったのであった。

私「まぁまぁ。こんなところでやめときや
兄ちゃん「なんだよお前。関係ないじゃん」

その時、私の脳裏に嫁からの忠告が突如思い浮かんだのであった。

嫁「喧嘩をするときは、絶対殴ったらあかんで。逆に殴られたら金取れるで。あんたはでかいから殴られたとしても、その後押さえ込むことできるやろ?」

確かに、兄ちゃんは私よりかなり背が低く、体格も私の方がよさげである。
酔っ払った頭脳では、楽観的な予測しか出てこないのであった。

ということで、手を上にあげ、無抵抗を装う私であった。
あわよくば一発殴られて、小遣いを稼ごうとまで考えた始末であった。

しかし、残念ながら、兄ちゃんは私の思惑通りには動いてくれなかったのであった。
メンチを切りながら、すごすごと場所を移動していったのであった。

泥酔の私に取っては、残念な事態であった。
顔を殴られて、鼻血でも出そうものならば、10万円は楽に入った とまで考えていた次第である。
おっちゃんにやたら感謝され、いいことをした気にはなったのであったが。

しかし、一晩寝て酔いを覚ますと、アホなことを考えていたと反省する始末であった。
この物騒なご時世、相手は刃物や拳銃を持ってる可能性だって有った訳である。格闘家だったのかもしれないのである。
また、相手がインテリヤクザだった場合、家族ごと奈落の底に突き落とされた可能性だってあるわけである。

いずれにせよ、結果的にはよいことをしたかもしれんのであるが、今後は自ら高速増殖炉に飛び込んで、核分裂を誘発させるような事態は避けようと心に決めたのであった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------

[READ MORE...]
怨57:ほーむぱーちーでの苦悩
2006年12月05日 (火) | 編集 |
先日、我が家で後輩連中を誘い、ホームパーティーを開いたのであった。

私も35歳となり、サッカー部でももう最年長の部類である。
普段、試合中に罵声を浴びせている・・・いや、お世話になっている若手連中の労に報いるイベントを開催することは、先輩としての義務である。
また、若手の愚痴を聞いてあげることも時には必要であろう。
そして、その副産物として、家でたらふく飲んだくれることもできるのである。

しかし、家を仕切っていると自認している例の女を説得する必要があった。
結婚5年目にもなり、かの小動物が発する言葉は容易に予想できるのであった。

”それをすることで、私になんのメリットがあんの?”

私は冷徹な頭脳をフル回転させ、鎌倉の名産菓子「レシュー」を餌とし、嫁を説き伏せたのであった。まずは第一関門突破である。

次に、
・メニューは、お好み焼き、焼きそば、餅等の、腹に溜まりやすくかつ低価格なものとする。
酒はオトコ連中で持ち寄ることとする。
とし、何とか開催にこぎつけたのであった。

若手連中には事前に、これまでこのプログに記載している通りの我が家の事情を正直に話し、かつ、嫁を刺激する発言を控えるようにネゴっておいたのであった。
若手連中の眼には、緊張の色が伺えた。

その甲斐もあり、若手連中はこうちゃんとも遊んでくれたのであった。が、このままで終わるならば、プログネタも無くなってしまうのである。

が、私はふと、背中に突き刺さる怒りの炎を感じたのであった。
振り向くと、あらまぁ。嫁は私を睨んでいたのであった。

私はこっそりと嫁にその理由を尋ねると、次の回答があった。
「みんな酒を飲みすぎて、トイレに行き過ぎる水道代がもったいない
まとめて流すようにさせて欲しい

が、楽しんでいる最中に、こういう発想をするとは、なんと空気の読めない女であろうか。
これだから、飲めない女はやっかいである。

結局、トイレについては何とか黙認してもらい、後片付けをみんなで手分けしてやることとして納得させたのであった。

若手の管理より、嫁への対応に精神をすり減らしたイベントであった。
そして、酔っ払ったせいもあり、子供を寝かしつけてる最中に、自分が寝てしまい翌朝また激怒された始末であった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


click!
[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。