節約命の嫁に対し、健全な精神を元に勝敗を度外視した闘いを挑み、華麗に敗れ去っていくサマを記録した内容ゆるゆるのプログである。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怨36:敗れた夜に・・
2006年06月29日 (木) | 編集 |
ワールドカップでは我が代表は惨敗し、
本日は、ささいな喧嘩で嫁にも完敗したのであった・・・・

こういうときは、過去の偉人の名言を思いだし、
自らを慰める私であった。

「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる
by スラムダンク

人生は勝ち負けじゃない 負けたって言わない人が勝ちなのよ
by 金八先生

落ちたら またはいあがってくれば いいだけのこと
by アントニオ猪木

私は 人生の岐路に立った時 いつも困難なほうの道を選んできた
by 岡本太郎

嗚呼、今夜の私にはしんみりと染み渡る。
しかし、引用はほとんど 漫画・ドラマ・奇人系である。

ここで、自分の学識の無さに、再度愕然とする私であった・・・


↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!

[READ MORE...]
スポンサーサイト
怨35:眉毛のたしなみ
2006年06月25日 (日) | 編集 |
実は、私は眉毛を抜く事が趣味なのである。
本来、私の眉毛は非常に濃く、北斗の拳のケンシロウ並であった。

しかし、年をとると、
眉毛だの耳毛の勢力はなぜか増してくるのである。
終いには、眉毛とまつげの区別が付かなくなってきたのである!

ということで、床屋で一度剃ってもらってからというもの、
雑草刈りのように、涙を滲ませながら、
毎晩チクチク眉毛を抜くのが日課なのである。

そして、ある日、私は前の晩に泥酔し、眠りこけていたのであった。
夢の中で、かすかに目の上の方に痛みを感じた。
そして、その痛みはどんどん大きくなってきたのであった。

チク・・・チク・・・・チク・・・・・・

私は「うほぉ!」と声を上げて目を覚ました。
そして、そこには毛抜きを持った嫁の姿が!

「あんたの眉毛。抜きがいがあるなぁ
ぶっといのいっぱい抜いてやったで!」

私は慌てて鏡に走った。
そこで見たものは・・・・

眉毛に斜め線が入っていたのである。
まるで剃ったかの如く・・・

「ああ。あまりにも抜きがいがあるから、
思わず夢中になってしまってん。
すまんすまん。」

高校生じゃあるまいし、会社で何て言ったらいいのであろう・・・
まだ痛みを感じる眉を見ながら、プロピアを購入するか
マジックペンで塗りたくるべきか
悩むのであった・・・・


↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!



[READ MORE...]
怨34:ワールドカップ参戦!?
2006年06月20日 (火) | 編集 |
日曜日、私は美容院に出撃した。
3ヶ月ぶりに

当時、つまぶっきーヘアーだった私の髪形は、
今や、長州小力と化しているのであった。
そして、私は、この年齢の方々の悩みは全く無く、
髪の毛は雑草の如く、成長が早いのであった。
ここで、私を”エロ”という輩は、”success”の露と消えるであろう

例の如くホットペッパーの割引券を持ち、
今回も初回限定の美容院にチャレンジである。
席に座り、私は店員に渋く注文した。
日本代表の高原みたいにして」
その晩のクロアチア戦にも備えたのである。

美容師は非常にいい子であった。
突っ込みもなく、対応してくれたのであった。
普段、公私において女性に迫害されている私は、
久しぶりにリラックスしながら、心地よい気分に満たされたのであった。

しかし、まもなく、初回限定割引の恐ろしさを
私はまざまざと思い知る事態が発生したのであった。

散髪が終りかけたころ、彼女は私にこうささやいたのであった。
「やんどふさんの髪、とてもきれいですね~
私、こういう髪を見ると、染めたくなるんですぅぅぅぅぅぅ

快楽に浸っていた私に断る術はなかったのであった。

男、やんどふ。34歳にしてカラーリング初チャレンジであった。
髪から漂うアンモニア臭。そして頭皮への凄まじい刺激。
私は、毛根に詫びを入れつつ、ひたすら耐えたのであった。

そして、完成版は、高原とは程遠く、ハナワのようであった。
お値段は締めて8000円。
想定外の支出は、カードで対応するしかないのであった。
普段せいぜい2000円しか使用しない私に取っては、
キャバクラでボッタくられた心境であった。

帰宅して、私の髪を見た嫁。
あんた それいくらかかったん?
当然のことながら、給料日には借金返済の憂き目に合うことは
充分予想されるのであった・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!

[READ MORE...]
またもや妄想
2006年06月16日 (金) | 編集 |
私の部下の女性のお話。
ある日、彼女のレポートを照査しているとき、
扇情的な単語が目に飛び込んできたのであった。

「このプロジェクトは、股間を持て余しているように思えます」

股間を持て余す・・・?
逆にいうと、股間を満足させるのはどういうこと??

さすが我が社である。
社員を疲労の極みに追い込みつつ、
そんなハレンチプロジェクトを進行させていたのか・・・

しかし、まずは股間でなく我が頭脳を持て余してしまい、
彼女を我が席に呼び、事の真意を尋ねたのであった。

レポートを見せた瞬間、部下は悲鳴を上げ、こう言ったのであった。
「きゃーーー。こんなん書いてないですぅぅ」

私と彼女は不具合要因を探るべき、調査を始めたのであった。
マニアックな表現では、FTAを作成したのである。

が、謎はすぐに氷解した。
彼女は、「時間」と打ちたかったのである。
そしてJIとKOのキーボード上の配列は、正に隣同士であった
単なる打ち間違いであった。

問題が解決し、納得した私ではあったが、
股間を満足するプロジェクトに思いを馳せ
仕事にならないのであった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


-------------本日の広告-----------------
今回はエステ無料体験特集。タダで綺麗になりましょう。
もちろん、その後の勧誘は逃げ切りましょう。



ホリスティックケアサロンSana








[READ MORE...]
怨33:ある週末の惨劇
2006年06月14日 (水) | 編集 |
世間の皆様と同様、土日のどっちかは嫁の買い物に
付き合わされるのは世の常である。
私も当然、その鉄の掟に縛られているのである。

この間の日曜日、家から約1時間離れた”赤ちゃんホンポ”に
運転手として拉致された私。
子供が絡むと、命令拒否は死につながる

そして、現場で惨劇が発生した。

さまざまなモノをどっさり買い込んでレジに並ぶ嫁。
そして、彼女は、レジ脇のチラシに目を向け、こう叫んだ。
「ええ! 来週はポイント2倍デー!!

私は、レジの姉ちゃんに、早く精算を済ませるように
ウィンクを送った。
が、後の祭りであった

「あんた! 今日は買ったらあかん!! 
来週出直しや!!」


唖然とする私とレジの姉ちゃん。

「ら・・来週は用事があるがな。
今日せっかく来たんだから買うべきでは・・」
「事情が変わったんや! こんなたくさん買い物するのに、
ポイント溜めへんのはもったいないやん。さ、引き上げや」

そして、嫁はカゴをレジの姉ちゃんからひったくり
さっさと商品を棚に返し始めたのであった。

人を発狂させる拷問に、穴を掘って、またすぐ埋めるというのを
繰り返させるのがあるという。

また、ギリシャ神話に、重い石を坂の上まで持ち上げると、
すぐにまた転げ落ちる という地獄の責め苦があるという。

私の宿命はこれと同じであろう。
来週も同じくここに来なけりゃいけないのか・・・・

買い物客でごった返す店内で、私は吹雪の中にいる錯覚に陥り、
子供を抱きかかえたまま、涙するのであった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!



-------------本日の広告-----------------
1週間以内なら無利息 使い方を間違うと地獄行き






[READ MORE...]
ちょっと休憩
2006年06月12日 (月) | 編集 |
私だけではなく、全世界(除く嫁)が
ワールドカップに注目しているようである。
うちの部下の子が
”やんこふさんはむしろ、
W-CUPのおっぱいの方が好きなんでしょう
死語にも近いベタを出してきたが、
そんなのはどうでもよい。

ということで、この週末に食らった凄惨な出来事を
書こうと思いましたが、”メキシコ vs イラン”が気になるので、
後日に回します。

もちろん、明日(今日?)は”日本 vs オーストラリア”があるんで
更新は期待しないでください・・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


-------------本日の広告-----------------



[READ MORE...]
怨32:ささやかな夢
2006年06月08日 (木) | 編集 |
日曜日、こーちゃんのお披露目会を開いたときのこと。

会社の後輩の一人が、
「こーちゃんにどんな夢を抱いています?」
と聞いてきたのであった。

夢・・・この子には無限の可能性がある。
イチローにも中田ヒデにもなれるであろう。
ベッカムにも青春アミーゴ山下君にもなれるであろう。

某村上氏のように、ファンドで大儲けしてもらってもよかろう。

しかし、したたかに酔っていた私は、思わず、
最も暖めていたこーちゃんへの夢
を語ってしまったのであった。

「まずは、KO大学に行って、
スーフリすれすれの青春を過ごして欲しいなぁ。
そしてパイロットになって大空を飛び回るが如く浮名を流し、
最後、女子アナを捕まえて欲しいなぁ

このささやかな夢の背景としては、私が
・片田舎の公立大学で、体育会に入ってしまったため
青春を台無しにしてしまったこと
・パイロットになりたかったのに、視力が悪かったこと
・理系だったので、女性と知り合う機会がなかったこと
・報道番組ばっか見ているので、知的な女子アナをよく眺めていること

を説明すべきであった。

が、そんなことを知らない周りは、いきり立ったのであった。

・それは単なるお前の妄想である
・そんなことを言われるこーちゃん 嫁はかわいそうである
・今すぐにでも改心し、不浄な思想を破棄すべきである


いきなり説教会に変わってしまったお披露目会。
そして、皆に交じり、ここぞとばかり私を攻撃する嫁。
「あんた! 目覚ましTVすぽるとみながら
エロい目
してたのはそういうことやったんか!!!」

#ちなみに、私はフジTV系は好きではない。
TBS系とテレビ東京系が好みである。


何も理解できないこーちゃんは、ただ笑っているだけなのであった・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!



-------------本日の広告-----------------
俺の夢は再婚かな。




[READ MORE...]
血祭り3:6/3
2006年06月03日 (土) | 編集 |
今週は晴天続きで、さわやかな日々が復活し、
世の奥様方はさぞかしハッピーな気分だったであろう。

しかし、私はと言えば、暑さによって
例のハカセ臭気が日々強まることにより、
なーんらハッピーではないんであった。

このままでは、鼻ばかりでなく、五感全てが麻痺してしまう・・・
追い詰められた私の灰色の脳細胞に、
稲妻のようにある作戦が閃いたのであった。

私は、とある電気屋に出向き、ある製品を購入した。
そして、職場の自席に設置した

スイッチオン! その製品は低周波を発し、作動を始めた。
そう、そいつは扇風機であった。
大特価セール 500円である。
もちろん、設置したのはハカセと逆サイドである。

芳香剤、ロスナイも考えたのであるが、
あまりにも露骨なのであり、
小心者の私の精一杯の抵抗であった。
効果はテキメンであり、
私の周囲の空気は立ちどころに浄化された!

ところが、そのささやかな幸福を壊すが出現した。
「だめじゃないか。やんこふくん」
課長であった。普段はとてもいい人である。
そして、私の職場は普段いい人揃いなのであるが、
残念ながらみんな一癖あるのであった。

「節電だよ。やんこふくん。地球環境にやさしくね
隣席が地球環境に優しくない人なのに、
エコロジーを強制されるのであった。
「いや・・・あの・・・」
私は本音を語ろうとしたが、
課長は笑って立ち去っていったのであった。
しかし、課長はおそらく事情は理解しているのであった。
なぜなら、彼は決して、ハカセの席には近づかないからである。

私は目を潤ませ、今週の血祭りリストに、
ハカセと共に課長の名前を書き込むのであった・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif


-------------本日の広告-----------------
さっさとローン返してこんな会社 やめてやる!


[READ MORE...]
怨31:誘導尋問
2006年06月02日 (金) | 編集 |
全く趣味のない・・・いや私の虐待のみが趣味の嫁である。

最近、その趣味は冴え渡り、新兵器を身につけたのである。

今日も、その口撃は開始されたのであった。

あんた~ もしも・・・
名づけて、もしも攻撃である。
プログラム的には、if文である。

Q1.”もしもあたしが死んだらどうする?
Q2.”もしもあたしが在日だったらどうする?
Q3.”もしもあたしが離婚歴あったらどうする?

答えないとそれ以上にうるさくなるので、
私は例えばこう答えるのであった。

A1.”号泣して涙で俺も溺れ死ぬ
A2.”実は俺も在日だったと白状する
A3.”前の旦那を探し出して飲み語り合う

そして、今日はこんなんであった。

Q.”もしも目の前で
井川遥が裸で寝てたらどうする?


私は胸を張って答えた。

A.”毛布をかぶせてあげる

しかし、今日の嫁はしつこかった。
”あんた それでも男か。どうせ一緒に布団もぐりこんで
一発やるつもりやろ!

そこで私は思わず想像してしまったのであった。
酒飲みの井川遥としっぽり飲み交わし、その後○×△♂♪・・・・

そして、目の前の小動物は、
悲しい男のサガに鋭く反応したのであった。
”そら!どうせエロイ想像してるに決まってんねん!
ワシの予想した通りや!

誘導尋問にマンマとひっかかったのであるが、
目の前でがなりたてる嫁を無視し、
私は楽しい妄想にひたすらふけるのであった・・・・・

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif


-------------本日の広告-----------------

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。