節約命の嫁に対し、健全な精神を元に勝敗を度外視した闘いを挑み、華麗に敗れ去っていくサマを記録した内容ゆるゆるのプログである。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧紀行番外編
2007年04月22日 (日) | 編集 |

例の海外出張の番外編である。

前回はアウェーであったが、今回はホームであった。
買った製品の取扱い説明のため、スウェーデンからはるばるとトレーナーがやってきたのであった。

当日、やってきたトレーナーを思わず見上げてしまった俺であった。
さすが北欧からの来客である。身長200cmである。

「Hi!! yandov~!!!♪ How ya do?」
と初対面の私にいきなりなれなれしいそのオトコこそ、Mr.Svensson(40)という名のガリバーであった。
受付の姉ちゃんはもちろんのこと、すれ違う所内の方々は、184cmの私と彼とのツインタワーぶりに嘲笑・・・いや、感激の微笑を隠しきれない模様であった。

そしてそのガリバーは、氷に閉ざされた国からの人間とは思えないほどのハイテンションぶりで、受講者の我々にやたらファンキーな言動を振りまくのであった。

「God! it's so goooooooood!!」
「Great ball's of FIRE!!」
「You can be my wingman anytime!!!」
と、トレーニングを受けている我々の一挙一動に、今時のヤンキーでもやらないような大げさな表現を示すのであった。

それに対し、今回通訳を担当した私は、
「こんちくしょう、お前のスキルはヤバイ!!」
「貴様は火の玉小僧かぁ!!」
「いつでも俺の弟子にしてやるぜぃ!」
と勤めてハードボイルドかつクールに意訳したのであった。

そしてお待ちかねのJapanese nightである。
まずはベタに、寿司・天ぷら・刺身・そばで、北欧人の度肝を抜いてやろうとした次第であった。
しかし、敵もさるものである。
意外に器用にチョップスティックを用い、おじけもせずにイカの踊り食いまで平らげたのであった。

第2弾として日本が世界に誇るべきリキュール、赤城山&三笠を繰りだしたものの、過去の仕事でロシアで2週間隔離されてウォッカ浸りとなった経験を持つ彼には、全く効果が無かったのであった。却って身内の何人かがバタバタと倒れていった始末である。

そこで、我々がリーサルウェポンとして繰り出したのは、数少ないJapanese Englishである”KARAOKE”である。残念ながら、”KYABAKURA”は資金不足で断念したのであった。

「Hey!! Shall we sing it together!!!」
とトーテムポール君がリクエストした曲(←クイック)は、広く知られた地球滅亡の曲であった。彼の青春の曲だそうである。
私も上半身裸となり、エアギターで支援させていただいたのであった。
もし、彼の妻子に地球の裏側で痴態を晒していることが知られたら、彼はこの極東の小国に死ぬまで隔離されることであろう。

次の日、二日酔いで出社した私に対し、彼はケロリとして参上したのであった。
「yandov! Are you fine todayyyyy??


↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。





-------------本日の広告-----------------
プライベートで行くなら激安ツアーかな
激安ツアーはてるみくらぶ




[READ MORE...]
スポンサーサイト
恋の記念日♪
2007年02月15日 (木) | 編集 |
シャララ 素直にキーーッス
シャララ 素敵にキーーッス


明日は特別スペシャルデー
一年 一度のチャンス
Oh ダーリン (でゅーわ でゅーわ)
Oh ダーリン Love Me Do


甘い甘い恋のチョコレート
アナタにあげてみてもーー 目立ちはしないから
私ちょっと最後の手段で決めちゃう


と、国生さゆりが流れてしまうのは、オーバー30の証である。
そして、本日世の中は、バレンタインというイベントがある模様であった。

言うまでも無いが、私にとっては縁のないイベントである・・
ケチ嫁が私に施しをするはずもなし・・・

のはずであった。

ところが・・・・・

朝会社に行って、いつもどおり受付の姉ちゃんに挨拶したところ、その子から
「はい! にゃんどふさん!!」

昼休み、弁当を食い終わって出張の準備をしていたところ、派遣の女性から
「はい! にゃんどふさん!!」

極めつけは、出張帰りの電車で咳をしていたところ・・・
「あのう・・・これどうぞ」
と見知らぬ女性から飴をもらったのであった。
その女性は、合唱団のお方らしく、風邪をうつされるのが嫌で私に飴をくれた模様であった。

それはともかくとして、今年は3人(?)から愛の施しを受けたのであった。
空前絶後である。天変地異である。春一番でもあった。

しかし、”ホワイトデー10倍返し”の鋼のレギュレーションというのが多少気になるのであった。
そして、飴をくれた女性には、コンサートチケットを購入するように勧誘された始末であった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
お返しはリゾート?



[READ MORE...]
嵐を呼ぶ男
2006年12月10日 (日) | 編集 |
忘年会の帰り道の出来事。
残念ながら、私は嵐を呼ぶ男であることを改めて実感してしまった。
人は私の生き様を見て、時には爆笑し、時には涙せずにはいられないであろう

2次会後飛び乗った最終モノレールは、超満員状態であった。
そして、私はかなりのアルコールを消費し、酩酊状態であった。

突如、私の眼の前でいざこざが起こったのであった。
おとなしそうなおっちゃんに対し、私と同年代っぽい兄ちゃんが絡みだしたのであった。

”お前~ ええかげんにせえよ”とメンチを切る兄ちゃん。
おびえて眼を合わさないおっちゃん。
両方ともサラリーマンぽい感じであり、兄ちゃんも酔っ払っている模様であった。
理由はわからない。今はやりのいじめ、はたまたストレス発散のはけ口であろうか。

普段の私ならば、見て見ぬフリを決めてしまっていたであろう。正義の味方 タケチャンマンの如く、”強きを助け、弱きを憎んだ”であろう。
但し、その晩の私は、酔っ払った影響で、気がでっかくなっていたのであった。
正義の味方に変身である。気分はウルトラマン果てはアンパンマンである。

2人の間に割り込んで、止めに入ったのであった。

私「まぁまぁ。こんなところでやめときや
兄ちゃん「なんだよお前。関係ないじゃん」

その時、私の脳裏に嫁からの忠告が突如思い浮かんだのであった。

嫁「喧嘩をするときは、絶対殴ったらあかんで。逆に殴られたら金取れるで。あんたはでかいから殴られたとしても、その後押さえ込むことできるやろ?」

確かに、兄ちゃんは私よりかなり背が低く、体格も私の方がよさげである。
酔っ払った頭脳では、楽観的な予測しか出てこないのであった。

ということで、手を上にあげ、無抵抗を装う私であった。
あわよくば一発殴られて、小遣いを稼ごうとまで考えた始末であった。

しかし、残念ながら、兄ちゃんは私の思惑通りには動いてくれなかったのであった。
メンチを切りながら、すごすごと場所を移動していったのであった。

泥酔の私に取っては、残念な事態であった。
顔を殴られて、鼻血でも出そうものならば、10万円は楽に入った とまで考えていた次第である。
おっちゃんにやたら感謝され、いいことをした気にはなったのであったが。

しかし、一晩寝て酔いを覚ますと、アホなことを考えていたと反省する始末であった。
この物騒なご時世、相手は刃物や拳銃を持ってる可能性だって有った訳である。格闘家だったのかもしれないのである。
また、相手がインテリヤクザだった場合、家族ごと奈落の底に突き落とされた可能性だってあるわけである。

いずれにせよ、結果的にはよいことをしたかもしれんのであるが、今後は自ら高速増殖炉に飛び込んで、核分裂を誘発させるような事態は避けようと心に決めたのであった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------

[READ MORE...]
四捨五入厳禁
2006年11月28日 (火) | 編集 |
みなさま ごきげんよう。
ハッピバースデー ツー ミー です。
但し、全くめでたくありません

本日を持ち、地球上に摩訶不思議な生き物が発生してから、35周年となりました。

最近、我が肉体は日々アンバランスに成長(老化)していることを自覚する毎日です。

髪:25歳、眼:43歳、頭脳:3歳、筋肉:30歳、肺:39歳
外観:18歳態度:部長級、カンゾー:54歳(肥大中
サオ:0歳、玉:還暦

と現状凄まじくアンバランスながらも平均35歳の俺です。

年末に向け、更に肝臓が肥大しないように気をつけます

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
そろそろ自分の隠れ家も欲しいっす。

[READ MORE...]
パルシステム万歳
2006年11月17日 (金) | 編集 |



ある休日、嫁があるチラシを差し出したのであった。
「これ いこーや。」
見れば、いつも私の食卓に並ぶパルシステムのイベントであった。パシフィコ横浜を貸しきってやる模様である。

嫁が喜んで出向くイベントには、共通点がある。
無料(あるいは全部で1000円以内)
試供品があること
いろいろ物が並んでいること
感心させられること限りがないのである。

まずは、電車で行くのと車で行くのとどちらが安いかの調査から始まるのであった。もちろん、私が調べさせられるのである。

結局、みなとみらいに車で出向いたのであるが、現地周辺を丹念に走行させ、格安の駐車場を血眼で捜す嫁であった。

まずは入り口で、試供の牛乳が配布されたのであった。当然嫁は家族分をまずかっさらい、更にもう一度もらおうとして係員に止められる始末であった。

館内に入ると、多くの出店が並んでいたのであった。もちろん、商品の試食付である。当然のことながら、嫁は様々な店で試食を繰り返すのであった。
但し、これは私も息子も便乗させていただいた。
結果として、昼飯がいらないぐらいに食べ漁った我が家族であった。

もちろん、周囲は同年代の子連れの家族でいっぱいであった。そこらじゅうをじゃりガキが駈けずりまわり、叫び声と泣き声が鳴り響いていたのであった。せっかくの休日を高周波でかき乱された我が頭脳であった。

当然のことながら、その日の晩飯も、パルシステム主体である。普段料理本を図書館で借りあさりながら、いざとなるとパルシステムをそのまま食卓に並べる嫁の神秘さを改めて感じ入った一日であった。

↓我が闘争に賛同される方は、愛の1クイックを!
banner_02.gif

↓やはり我が嫁に賛成してしまった人も、同情の1クイックを!


訪問いただいた方は、ついでにコメントも残してね!
お礼にお返し訪問させていただきます。


-------------本日の広告-----------------
これこれ、これね↓


食事でガンを防ぎませう



[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。